Social Kitchen

コンセプト

「Social Kitchen」のある工場を想像してみてください。
スタッフは、コントロールされた環境によって、すくすく育つ野菜に驚き、野菜を育てる喜びを知るでしょう。
屋外の環境に左右されない野菜は、無農薬かつ安定生産が可能。
高品質な野菜を自信を持ってお客様に提供できるでしょう。
栽培方法は「Social kitchen」テクニカルサービスマンがサポート。
また、これから開発する新たな技術も随時フィードバック致します。
野菜の生産性を高め続ける「Social kitchen」で、あなたも世界を救うファーマーの一員です。

ページ上部に戻る

装置の特徴

こんな野菜ができる! 〜栽培可能な品種の一例〜
  • 葉物野菜を中心に、約40品種の野菜が栽培可能。
  • 天井高が一般的な2,700mmあれば設置可能なコンパクト設計
  • 光の利用効率を高める反射板を採用。
  • 液肥の利用効率を高める水槽循環設計。
  • 液肥供給システム(2系統)と二酸化炭素供給システムを付属。
  • 停電などによる液肥のオーバーフローを想定した安全設計。
ページ上部に戻る

装置の仕組み

装置の仕組み

ページ上部に戻る

基本仕様

外形寸法
W4000mm×D1600mm×H2500mm
重量
4000kg(液肥充填時)
栽培棚数
2列×5段
材質
主原料アルミニウム
電気
AC100V 5kW
光源
白色蛍光灯 32W×66本
栽培能力

 
播種〜収穫までの期間:株もの/36日間
ベビーリーフ/21日間
1日当たりの栽培能力:株もの/40株
ベビーリーフ/77パック

※栽培期間、栽培能力は栽培する品種によって異なります。 ※光源はLED照明に変更可能です。(オプション)

ページ上部に戻る

資料ダウンロード